ロゴ

転移がんについての知識をつけよう!がんの種類を把握する

HOME>イチオシ情報>転移がんに効果的な治療方法を解説!治療法を事前に確認しよう

転移したがんは急いで治療

がんが転移するのは血液経由とリンパ節経由が大きな原因です。1か所転移すると同じ原因で他の場所にも転移する可能性があります。転移箇所を減らすためにも早急に治療を開始しましょう。

高活性化NK細胞療法とハイブリッドNK遺伝子療法を比較

高活性化NK細胞療法はNK細胞を増やす

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)を自分の血液から採取し、培養してから点滴で体に戻す治療法です。健康な人は通常1億個ほどなのですが、がん患者の場合は4億から5億ほどあれば治療効果が現れると言われています。

ハイブリットNK遺伝子療法はNK細胞とTRAIL遺伝子を掛け合わせる

TRAIL遺伝子がはNK細胞ががん細胞だけをターゲットに殺傷させるために必要な物質です。NK細胞とTRAIL遺伝子を掛け合わせることで両者の効果を最大限に発揮することができます。

転移がんに効果的な治療方法を解説!治療法を事前に確認しよう

病院

がんの転移には種類がある

血行性転移は血液の流れによって他の部分に転移します。リンパ行性転移はリンパの流れに乗って転移するケースです。播種性転移になると種をまくようにがん細胞が散らばっていきます。肺がんや胃がんでよくみられる症状です。湿潤は原発巣から隣接する他の臓器に広がっていきます。輪郭が分かりにくく手術ですべてを除去するのが難しい状態です。

相談

転移する仕組みについて理解しよう

血行性とリンパ行性の場合は血液やリンパの流れに乗って転移します。離れた個所にがんが転移している場合はどちらかが疑われます。播種性転移は腹膜や胸膜周辺で発生することが多いです。内臓の壁や膜を突き破って転移します。湿潤も内蔵で発生しますが隣接している臓器に転移していくのでスピードが速いです。

転移がんに合わせた治療を行う

血行性転移なら抗がん剤を頼るのは間違っていないかもしれませんがリンパ行性や播種性は免疫療法や遺伝子療法を候補に入れたほうが賢い場合もあります。病原となっているがんと転移がんの状況次第で効果的な治療法が変わるので担当医師と綿密に相談をしましょう。

広告募集中