ロゴ

転移がんでも諦めない!進化している治療法

HOME>コラム>転移がんになると完治できないというのは嘘!治療は進化している

転移がんになると完治できないというのは嘘!治療は進化している

婦人

転移するがんの脅威

正常である人間の細胞は体であったり周囲の状態に応じて増殖することをやめたりすることで、他の細胞と入れ替わる仕組みにできています。がん細胞はそのような仕組みに異常があって時間をかけて増殖したり、他の場所に転移がんとなって病気を進行させてしまったりします。がんの種類であったり性質や治療の経過などから再発する可能性であったり、転移する可能性を予測する事で対策が可能です。転移がんの場合には目に見えない小さな転移によるものなどもあると想定した上で、再発や転移の可能性を少なくする治療が必要です。がんはできるだけ早い段階で発見し治療を行う事が重要であるため、定期的な診療をうけてその都度最適な病院選びをして最適な治療を行う事が大切です。

医者

最新のがん治療とは

がんだと病院で診断されて治療を行っても、再発や転移がんの可能性を抱えて不安を感じる人が多くいます。転移がんになってしまう原因としてはがんが血液やリンパの流れに乗って体中の色々な場所に移動する特性にあります。血行性転移の場合には抗がん剤治療や、リンパ性転移や播種性転移の場合には抗がん剤ではなく免疫療法や遺伝子医療など最適な治療が必要になります。転移がんといっても様々な種類があるのでそれぞれの種類によって治療方法が異なってくるので、これらの転移の違いを調べて治療に臨む事が大切です。最新のがん治療の場合には切除をする事無く治療を行う事ができる方法があるので、体力回復までの時間が少ないメリットがあります。

広告募集中