毎日の健康に気を使おう!転移がんにならない対処方法

がんの発症率は高い

がんは誰にでもかかる可能性があり、全身どこでも発生する可能性があります。最近は生涯でがんに罹患する確率は男女ともに2人に1人と言われるほど発症率は高くなっています。特に高齢の世代の発症率が高く、検診等で発覚するころにはある程度症状が進んでしまっていることが多いのが現状です。生活習慣など気をつけられるところから意識をしましょう。

病院

発症したら転移に気をつけよう

がんの治療は放射線や手術で行われますが転移には常に気を配っておきましょう。見つけた個所がせっかく完治しても他の場所へ転移していては意味がありません。発症に気づき、治療方法を検討する際に転移の予防や対策も一緒に話し合われていると早い段階で進行を食い止めることができます。放置しておくと広がってしまうので早めに手が打てるようにします。

看護師

正しい対処で転移を防ぐ

がんが怖いのは血液やリンパの流れに乗って別の臓器や器官に転移していくことです。最初に発症した器官とその進行度合いから転移しやすい場所に予防的な治療を行って転移を防ぎましょう。ただし、がんの治療はどうしても副作用を伴うものであり、それでいて完全に防げることを確約するものではありません。体調とがんの状態から確実な予防方法を検討しましょう。

通常のがんと転移がんを徹底比較

性質が異なるので治療法も異なる

通常のがんは原発巣になっており、原発巣のがんが広がらないように治療します。転移がんはどこか違う器官のがんが原発巣のため、治療法は原発巣に合わせて変える必要があります。

転移しやすい器官がある

通常のがんも転移がんも全身に出る可能性がありますが、転移がんは発症しやすい場所があります。全身の血液が一度集まる肺や肝臓は血液を媒介にして転移しやすくなっています。

治療を始める前に疑問を解消しておこう

がんの治療には時間とお金がかかり、治療に伴う副作用も楽ではありません。それだけに気になることは全て医師に確認し、不安なことは他の医師からセカンドオピニオンをもらいましょう。

転移がんについての気になる疑問【Q&A形式でご紹介】

カウンセリング

転移がんが見つかると手術はできないのか

可能です。大きい場合はもとの病巣を取り除いた後、放射線治療や化学療法を組み合わせて完治を目指します。転移のリスクが高い時は放射線治療の面積が増える場合が多いです。

がんが転移するのを防ぐ方法はないのか

ある臓器だけにがんがとどまっていればがんと周りのリンパ腺を切り取ることでがん細胞を完全に除去できます。血液やリンパ節経由でがんが伝わってしまっていると転移の可能性は残ります。

がんが転移する原因はわかっているのか

完全にはまだ解明されていません。研究段階ではありますが人のDNAに組み込まれた内因性レトロウイルスが転移の原因になると言われています。今はこのウイルスを標的とした治療法が検討されています。

臓器だけでなく骨に転移することもあるのか

あります。血流をめぐって骨に転移し巣をつくると骨転移になります。痛みや骨折などの症状に合わせて治療方法を決定します。できるだけ生活の質を落とさない治療法を選ぶのが得策です。

転移がんを早期発見するにはどうすればいいか

がん腫瘍が発生すると血液中に特定の物質が増えたり発生したりします。それを腫瘍マーカーと呼び陽性になるとがんの疑いがありますが、腫瘍以外の病気でも上がるので他の検査結果と組み合わせて判断します。

[PR]
アルツハイマーはプラズマローゲンで改善
優良成分配合のサプリを厳選紹介

広告募集中